2015年08月29日

タイ駐在の求人を探してる人にコレをお勧めしたい

icat.jpg
今日はタイ駐在の求人を探すのには転職エージェントを使うのをお勧めしたいというお話をしていきます。

私もそうですが3年前に転職活動をしたときは日本企業でグローバルに展開している会社の募集を探してもらいました。

タイ駐在の求人を探すにはリクルートエージェントというサービスがあるのですが、それを活用すると良いです。リクルートエージェントはリクルートの数多くあるサービスの1つでグローバル日系企業の求人を多く扱っているのが特徴です。

タイ駐在の求人を探すことも可能です。「エージェント」と呼ばれる人がいて転職のサポートをしれくれました。

≫リクルートエージェント公式サイト


たとえば求人検索、私のこれまでの経験や業務内容をヒアリングしてリクAの検索システムに投入してもらうと適合する業界、会社が出てきます。

今すぐタイ駐在として勤務してほしいという求人もあれば、将来的にタイで、という求人募集もあります。それはタイミング次第です。もしタイでなくても、色々と提案してもらえるので、すこしまだ今後の目標がぼやけている人でもOKだったりします。

それからタイ駐在の求人を探すだけでなく、応募したい企業が見つかれば変わりに書類を出してくれたり、面接の日程調整をしたりと企業と私たち人材の橋渡し、仲介も行ってくれます。聞くところによると企業に対してアピールまでしてくれてたそうです。それから面接対策まで施してくれました。


いますぐ転職先を探してタイに行きたい人も、半年スパンで考えてという人もまずは無料登録しておく事をお勧めします。転職はタイミングですので、情報はこまめに取得しておくほうが良いのです。

be.jpeg


※タイで仕事をする場合、タイの駐在求人ではなく、日本人では殆どありませんが「現地採用」という選択肢があります。現地採用はお勧めしてなくて、あくまで日本国内で転職をしてタイに駐在として働くほうを基本にしたほうがいいです。現地で一生懸命働いて少ない給料でやっていけるならいいですけど、駐在員のほうが手当も充実してて豊かな生活ができますからね。

※現地スタッフからどのように見られているか
当然ですがタイで働いているタイ人のスタッフと、現地採用日本人と、駐在員とでは給与格差が大きいです。タイ人スタッフが不満を噴出させるのは現地採用日本人との給与の差です。同じ仕事をしているのに何故日本人という理由で給与が高いのか、と思うのです。まして採用されたばかりの新人だったり、仕事が出来ない人材だと尚更不満となります。そういったタイ人ともうまくやっていかなくてはいけないし、会社の仕組みがあるので日本人の人材はしっかり仕事を取り組むべきです。いつまでもスタッフレベルの仕事をしていては首になって終わりですので、今の会社を最初のステップとしてキャリアアップを目指すような人材になってほしいですね。

タイの政情不安とテロに対して、追記
日本のTVでも報道されているので知ってる方がほとんどだと思います。2つの不安がありますよね。タイで働く日本人が帰国するケースや、スワップして別の人材がアサインされる事も増えています。駐在員で奥さんや家庭がある場合は危険な地域にはいたくないので帰国、という選択をされる方もいます。

そうするとそこに空きが出来ますので、タイ駐在の求人を出して人材を募集するというチャンスが生まれるという事です。どうしてもタイで働きたいという方はこういった求人を探せる時期だと思います。リスクの裏にチャンスあり。



ラベル:タイ駐在求人
posted by タイ駐在員 at 19:02| Comment(0) | タイ駐在求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

タイ駐在員は大丈夫なのか

現在、タイではクーデターの混乱後から、
最近ではバンコクのテロ問題もあったりと命の危険もあるような状況となっています。

タイは日本人にとって海外で働く先として今でも人気ですし
駐在員として日本スタッフとしてこれからタイで働いてみようという方も多いのです。

そんな中で昨今の混乱状況を見ると躊躇してしまう人も多いことでしょう。

実際、タイの警察や治安事情としては犯人逮捕に向けての迅速な行動が示す通り機能していますからその点は日本人から見ても少しは安心できる点だと言えます。

わたしの家の近くの日本人家族に聞いた話では、彼の会社では定期的に日本に帰国して別なスタッフを置いて対応をするようでした。

それとやはり命の危険もあるということで、完全に日本に帰りたいという方もいますね。

ですので、これからタイで駐在員の求人を探して働く事を考えてる方は他のアジアの国ということも視野に入れてみてはいかがでしょう。

ベトナム、マレーシア、インドネシア、このあたりもここ数年で勤務地として人気のエリアとなっています。
posted by タイ駐在員 at 15:33| Comment(0) | タイ駐在求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

タイ駐在中に気づいた日本の友達、タイ王国

日本語で正式にはタイ王国と言いますが、東南アジアで経済的急成長を遂げている親日国で有名な日本のお友達です。

国のあちこちに沢山の寺院や遺跡を持ち、そして世界有数のビーチリゾートもあるので世界的に人気の高い観光スポットでもあります。

主要言語はタイ語です。殆どの地域でタイ語若しくは方言が使われています。

タイの通貨はバーツといいます。

物価がとても安い為、日本で普通に生活出来る程の収入があればタイ王国ではかなり裕福な生活が送れるでしょう。

朝8時と夕方18時に国家が流れ、その間国民は皆立ち上がって動かない様にするという興味深い習慣もあります。

日本と違いタイでの真夏は4月。2月から5月が一番熱い期間となり、基本的に気温は一日中30度から40度の間に留まります。

基本的に一年を通してほぼ毎日半袖だけで過ごせるとても温暖な気候です。

タイ人の多くは仏教徒でとても謙虚で優しい人が多いです。

親日家が多い事もあって日本人に対してはいつもとても親切に接してくれます。

ですが、気を付けたい事が幾つかあります。

タイ王国では人に足を向けたり、人の頭を触るという行為は完全なタブーとされています。

可愛い子供を見つけても頭をなでたりするのは絶対にやめましょう。

タイ王国の魅力で忘れてはいけないのが、タイ料理。

お馴染みのトムヤンクンやパッタイ、日本人の口に非常によく合う焼き飯やカレーなど、本当に魅力満載の国である事は間違いありません。
ラベル:タイ駐在求人
posted by タイ駐在員 at 16:32| Comment(0) | タイ駐在求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ駐在の楽しみの一つバンコクは買い物天国

私は毎年必ず1回はタイのバンコクに旅行しに行きます。

初めてタイに行ったのは5年前でそれか現在まででバンコクには7回行きました。友達にそんなに同じ所に何回も行って楽しいのと突っ込まれるくらいです。

私がバンコクに魅了された一番の理由がバンコクはどこの国にも負けない買い物天国だからです。

バンコクには様々な買い物する場所があります。

いわゆるデパート/ショッピングセンター的な場所や市場、ないとマーケットなど色々あります。

ショッピングセンターなどは日本にも良くあるブランドやお店ばかりなので私はほとんど利用しません。

私が毎回バンコクに行くと利用するのがローカルウィークエンドマーケットとナイトマーケットです。

ナイトマーケットはいわゆる夜店みたいな感じで服や靴、鞄にアクセサリーといった色々な商品を格安で購入する事が出来ます。更においしい現地の料理を色々食べる事も出来ます。

ウィークエンドマーケットは週末(主に土日)だけ開催される巨大マーケットで1日歩き回っても足りないくらいの大きなマーケットです。ただ値段がものすごく安く、タイの雑貨や小物など色々揃っているのでお土産を買うのにもおすすめです。

これからも色々なタイの魅力を見つけていきたいと思います。

**********************
タイではなくシンガポール駐在を目指したい方のためのサイト
シンガポール駐在求人なび:おすすめ転職サイトまとめ
こちらも参考まで。


カナダ駐在、求人情報をリサーチするならココおすすめ
カナダがすきなひとはこちら


イギリス駐在の求人にエントリーして転職敢行!
イギリスに駐在したいひとはこちら



ラベル:タイ駐在求人
posted by タイ駐在員 at 16:31| Comment(0) | タイ駐在求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ駐在員です

タイで働き始めてはや3年がたちました。タイは以前旅行で来たことがありとてもいい国柄と人柄だなと思っていまして、それがきかっけで転職を敢行、タイ駐在員を探してた企業とたまたま巡りあわせがあってタイで働くこととなりました。

このブログではタイ駐在のなかで見えてきたことや何か役に立つ情報を発信していきたいと思います。
ラベル:タイ駐在求人
posted by タイ駐在員 at 14:24| Comment(0) | タイ駐在求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。